• Home >
  • ICPの英語教育
入学時から留学を見据えた、徹底した英語教育を行います。また4年間を通じ教科科目を英語で学ぶCLIL(Content and Language Integrated Learning)を採用。さらに2年次後期より1年間、海外協定校への学部留学を必修とします。
1

1~2年次

教科科目を英語で学び、
留学可能までレベルアップ

1年次~2年次前期にかけて、毎日必ず1、2科目の英語の授業を履修。英語科目は、留学を見据えた教育として「Arts History」「News Media」「International Business」「Science」など様々な切り口の科目を開講し、2年次からの留学に向けて、英語での講義やレポートディスカッションに対応できる英語力を徹底的に育てます。留学に必要となるTOEFLやIELTSのスコアアップを目指す科目も設置し、2年次前期に履修する「Progressive English」では、英語でのディベートやディスカッションなどの実践力をつける科目も開講します。

国際キャリアプログラム(ICP)の大きな特長である、2年次後期~3年次前期の1年間にわたる英語圏の大学への学部留学。学部留学とは、協定校へ学部レベルで留学し、専門分野の科目を履修するというもの。単なる語学留学とは異なり、英語力はもちろん、自分の専門分野について国際的な視点で学習し、グローバルな知識や理解力を習得することが狙いです。留学中に協定校で取得した単位は、本学の単位としても認定されます。また、1年間の留学にあたり、協定校の学部留学に合格した学生対象に、本学の学費と留学先の授業料の差額を支給する奨学金制度を設立し、学生の志向に合う留学先を選べるよう協定校の拡充を進めていきます。また、協定校からの交換留学生を積極的に受け入れ、学内でも英語や異文化に触れて学べる機会をより増やしていきます。

3

3~4年次

国際キャリアプログラム(ICP)
コアプログラムで、さらにレベルアップ

帰国後も、それまでに得た語学力や国際教養力、そして各自の専門分野を磨き続けるためのカリキュラムを用意しています。語学力については、従来の英語特別選抜クラス(ALPS=Academic Learningand Professional Skills)を発展させた特別クラスを2年次前期と3、4年次に設置。プレゼンテーション・ディスカッション等のビジネスコミュニケーションスキルにいたるまで、さらなるレベルアップを図ります。専門科目については、各学部・学科の専門教育科目内にICPコアプログラム(履修モデル)を設置。専門分野の科目を英語を用いて学んでいきます。

4

卒業時

英語で卒論を作成

各自の専門分野に加え、積み重ねてきた英語力・国際教養力の集大成として、卒業論文は原則として英語で作成します。これにより4 年間を通して獲得した能力をより深めることができます。卒業後は国際ビジネスの現場や国際機関への就職はもちろん、英語圏の大学の大学院レベルへの進学を積極的に奨励。世界へ羽ばたこうとする学生の皆さんを応援します。

目標
Objective
専門のフィールドで英語を使いこなす能力を磨き、希望する目標への強固な足がかりをつかむ