• Home >
  • 国際キャリアプログラム(ICP)のリアルを伝える Your place on the world stage [July 2014]
Your Future Starts Here

憧れだけで終わらせない!
「留学」という目標に向けて、
仲間と助け合いながら
英語力を磨いています。

将来は国際社会に
貢献する人に!
自分で決めたことだから、
頑張るしかない

国際キャリアプログラム(ICP)
1年 森山 紗稀さん
東京都立 青梅総合高等学校卒

熱意ある先生たちのもとで
留学に向け必死に勉強!

― ICPに入ったきっかけは?

高校でも英語に力を入れていて、大学では単に英語を学ぶだけではなく、英語を通じて国際社会のことや世界の抱える問題について学びたいと思っていました。ICPはほぼ全部の授業が英語で、しかも少人数なのがいいなと。あとはオープンキャンパスで会った先生方がとても情熱的で、こんなに熱意ある先生がいる大学ならきっと自分も成長できる!と思ったんです。

― ICPの授業ってどんな感じ?

毎日3~4コマも授業があるので、宿題や予習は大変。高校の頃と比べたら机に向かう時間が格段に増えて、毎日がテスト前かというくらい勉強しています。でも、自分で決めたことなので、とにかく必死でやるしかない。入学時に比べたら、リスニング力がつくなど、成長している実感があります。はじめは英語が聞き取れなくて怖い!と思っていたネイティブ・スピーカーの先生が、実はジョークばかり言っているすごくユニークな人だったことに最近気づきました(笑)。

国際政治や外交の現場で
活躍できる人になりたい

― 将来の目標は?

チューターの先生に誘われてシリア危機に関するシンポジウムを手伝う機会があり、もっと国際政治や外交について学んで社会貢献できるようになりたいと思いました。そのためにも、まずは来年夏からの留学に向けて、しっかり準備をしたいと思います。

いつか海外ビジネスで
成功する!
夢は大きく、
留学へ向けて奮闘中

国際キャリアプログラム(ICP)
1年 佐藤 寛輝さん
埼玉県立 志木高等学校卒

個性豊かなクラスメートと
楽しく学んでいます

― ICPに入ったきっかけは?

高校の時に海外ドラマにはまって、英語の成績が急上昇。英語が話せればコミュニケーションの幅が増えるし、特技としても実用的だしカッコいいし(笑)、もっと英語を学びたいと思っていたときにICPの存在を知って、上を目指すチャンスだ!と思って挑戦しました。

― クラスの雰囲気は?

真面目でおとなしい人が多いのかなと思っていたのですが、いざ入ってみたら全員個性が強い!でも話してみたら良い人ばかりで、クラスの仲はとても良いです。先生との距離も近くて、放課後に先生やインターンも交えて皆で食事に行くことも。友だちというよりは、家族みたいな感じですね。お互いの存在が刺激でもあり、支えでもあります。

手ごわい授業や宿題も、
大きな夢を掴むため

― 大変なことは?

授業はもちろん、宿題やプレゼンの準備が大変でとにかく忙しい! プレゼン自体は楽しいけれど、課題も当然英語なので、英語を理解して、考えて、答えを英語で書いて……と、時間がかかるんです。留学中の生活費を貯めようとアルバイトをしているのですが、その時間は英語から離れられるので、いい息抜きになっています。

― 将来の目標は?

通訳です。高いスキルが必要だし、挑戦したいなと。でも本当の目標は、起業や海外投資家など、海外ビジネスで成功することです。夢は大きいほうがいいじゃないですか(笑)。あとは、スノーボードが趣味なので、留学先で各国のスノーボーダーと交流したいという夢もあります。

TEACHER'S VOICE

留学に向けて、一緒に頑張りましょう!

セーラ・ルイーザ・バーチュリ 教授

海外で必要な基礎スキルを
しっかり習得

私が担当している授業では、Global BusinessとAcademic Skillsについて学びます。1年の前期は、専門用語をクイズ形式で学んだりグループワークを行いながら、ビジネスとは何か、グローバル人材とは何か、ビジネスにおいて必要となる文化の違いなど、Global Businessの基礎について勉強しました。Academic Skillsでは、動画を使いながら海外の大学ではどんな授業が行われているかを学び、ノートの取り方やディスカッションの仕方など留学で必要となるスキルを身につけています。

学生たちは英語だけの授業に最初は苦労していましたが、今ではお互いに意見を交換したり、積極的に発言したりするなど成長しています。ノートの取り方も上手くなってきたし、少しずつ英語を使うことに自信がついてきたのを感じますね。アパレルブランドのアルバイトに応募して、英語の面接で合格して採用された学生もいます。皆とても頑張っているし、やる気がある。本当に良いクラスです。

留学まであと1年。
学生の頑張りを支えます!

来年の留学に向けて、勉強の方法はもちろん、海外での生活や習慣、危機管理、マナーや宗教はじめ目に見えない文化についてなど、伝えたいことはまだまだたくさん。学生たちはTOEFLの試験など留学に向けてプレッシャーを感じることも多いと思うので、授業外でも休み時間に一緒にコーヒーを飲んでリラックスしたり、相談に乗ったりもしています。