• Home >
  • ビジョン
  • 東洋学園大学 学園長 江澤 雄一
    日本という枠を超えて
    国際社会で羽ばたく
    東洋学園大学 学園長 江澤 雄一

    国際キャリアプログラム(ICP)は、グローバル化が進む世界で国際的な視野と語学力を身につけ、海外ビジネスや国際機関、NGOなどで世界に羽ばたく人材を育てることを目指しています。

    日本の国の内外を問わず社会は急速にグローバル化しています。日本企業は生き残りをかけて海外市場への展開に取り組んでおり、国際的ビジネスで活躍できる人材を求めています。また、世界には貧困、テロ、国際紛争など不安要因が渦巻いており、日本も国際機関やNGOの活動を通じて、調和ある世界の発展に貢献することが求められています。

    東洋学園大学は伝統的に「英語教育」と「教養教育」を柱としてきました。これら本学の特長である教育リソースを生かし、時代の要請に応えるよう展開したものが国際キャリアプログラム(ICP)です。その最大の特徴は徹底した英語教育と1年間の海外大学への学部留学です。現地の学生に交って専門分野の授業を英語で受ける経験は世界から日本を見直すという新しい視点をもたらすことでしょう。

    国際キャリアプログラム(ICP)で学ぶ学生にとって一番大切なことは、将来、国際社会に踏み出すことに意欲をもち、夢の実現に向けて努力するモチベーションがあることです。本気で自分の英語力をブラッシュアップし、世界について学びたいと考える学生を本学は求めています。